自己破産 保証人

保証人になってもらっている人に迷惑がかからないように

自己破産をすれば、保証人の支払義務はなくなるのでしょうか。

 

例え、自己破産が免責されたとしても
保証人は保障責務の責任を負わなければなりません。

 

破産した本人は支払いができなくなった時に
担保として保証人を立てているからです。

 

もし、保証人が支払えない場合は保証人が

別途、債務整理をする必要があります。

 

自分を信頼して保証人になってくれた方ですが、
保証人に迷惑をかけるという理由で自己破産を躊躇していても
解決にはならないのです。

 

保証人にも支払い能力がない場合はどうなるのでしょうか。

 

妻が借金をして夫が連帯保証人になった場合を考えてみましょう。
妻に支払い能力がなければ
連帯保証人である夫に支払い義務が発生します。

 

しかし、夫も支払い能力がなければ自己破産となります。
夫婦で自己破産する場合には一家同時に手続きをしますので
裁判所や弁護士が書類を作成する場合でも比較的簡単といわれています。

 

もし、連帯保証人や保証人がいらっしゃる場合には
まずは弁護士に諸事情を相談することです。