破産 同時廃止

破産の同時廃止は破産した人に財産がないことが明らかな場合のみの手段です。

 

破産手続きの同時廃止とは、
費用不足で破産手続きに必要な費用を用意できないので
破産手続きといっしょに手続きを廃止させることをいいます。

 

ただし、免責の申立てをした結果、
免責許可がおりなければ
債務はなくなりません。

 

いわば破産の申立てと免責の申立てを同時に行うのが通常であり、
特に免責の申立てを行わなければ債務が残ることになります。

 

財産がないのが明らかなので破産管財人にかける手続きや費用負担を少なくして
手続きをよりスピーディーにするために同時廃止の制度があるのです。

 

もし、破産・同時廃止となれば、財産がないので仕方が無く
債権者には配当はでませんので、免責許可決定の手続きに移管します。