自己破産後 リスク

自己破産と一言で言っても
今現在、財産をもっているか、いないかによって
手続きが大きくかわるのが自己破産です。

 

まず、財産を処分しなければなりません。

 

保障人がいる場合には、
保証人にも迷惑がかかります。
また、一部の職業に就けなくなります。

 

これが自己破産の最大のリスクとなります。

 

持ち家など財産もないし、保証人になってくれる両親もいない。
そんな場合には自己破産の手続きを選択する人もいます。

 

自己破産の手続きは今済んでいる地域の地方裁判所に
債務者が自分で自己破産の手続きをしなければなりません。
(免責許可の申し立ても含みます。)

 

しかし、素人が自分で自己破産手続きを
すべてしなければならないわけではありません。

 

地方裁判所で弁護士が代理人となって行うこともできます。

 

一方、東京地方裁判所での自己破産申立てをする場合にはちょっと違います。
一般的には裁判官と弁護士が面接して
債務者のかわりに自己破産する人の諸事情に関して説明をするのです。

 

あとは裁判所の判断になりますが、
申立て日に自己破産手続きが開始させることも多いようです。

 

いずれにせよ、自己破産は返済不可能の場合の最終手段です。

 

破産するほどでない場合には、
任意整理や調停による整理、
民事再生による整理の方法があります。

 

ただし、債務者の立場は弱くなることが多く、
個人では債権者と交渉しにくい方も多くいるのではないでしょうか。

 

まずは、評判のよい債務整理専門の弁護士に依頼するのもよいでしょう。