自己破産 家族

世間体がもっとも気になるのが自己破産です。

大切な家族も巻き添えになってしまうのでしょうか。

 

特に思春期のお子さんをもっている方は家族のことを心配すると思います。

 

家族に影響がでる場合は、家族の誰かが保証人になっているケースです。

 

なぜならば、支払い義務が保証人である家族に生じてしまうからです。

結婚は?就職は?

 

例え、破産手続きをしたとしても
戸籍や住民票に自己破産の履歴が掲載されるわけでもなく、
子供の結婚や就職に影響はないようです。

 

これは法律上保証人以外の家族は支払い義務はないので
金融庁通達により、保証人以外の取立ては禁止されています。

 

生活に必要な必要最低限の

テレビや冷蔵庫などの財産は守られます。

 

しかし、資産価値の高い土地や家などは換価されることになります。
現金は3か月分の生活費99万円はもつことが認められています。

 

住宅はすぐに追い出されるわけではありません。
競売にかけられた後に、実際に買う人が決まるまで済むことができます。
すぐに別の家を借りる必要はありません。