自己破産後 退職金

退職金の支給額によりことなります。

 

退職金が数十万円以上の場合には破産管財人がつきます。

 

すでに退職している場合には
手取り金額の4分の1が破産管財人の破産財団に組み込まれますが、
残り4分の3は使うことができます。

 

まだ退職していない場合はどうなるのでしょうか。

 

将来の退職金請求権のうちの4分の3が破産財団にはいります。
これは会社の退職規定などから計算します。